クリーニング・カラーリング工程


シーズンのセールスポイントはクリーニングと修繕です。
サービス料金が高いと思われるかもしれませんが、 すべて手作業できめ細かくおこなっています。是非一度お試しください。

 
 
クリーニング工程
カラーリング工程
抗菌剤について
クリーニング工程
 
1
kotei01-a.jpg kotei01-b.jpg
 
まず靴底を洗浄剤で洗います。またホコリや泥汚れもここで洗い流します。
 
2
代替テキスト 代替テキスト
 
シーズンオリジナルの皮革用洗浄剤を入れた洗浄槽に靴を浸けます。加脂成分を入れた洗浄剤なので、汚れを落しながら潤いは残します。水に浸け ることで汗や汚れを洗い流します。雨シミがある場合などはシミを散すように洗っていきます。※雨シミは時間の経過と共に落ちにくくなりますの でシミが残る場合がござい ます。
 
3
代替テキスト 代替テキスト
 
コバの部分等は歯ブラシを用いて汚れが残らないよう洗います。靴の内側を隅々まで確認しながら洗います。
 
4
代替テキスト 代替テキスト
 
スウェードやヌバッグの起毛革の場合やキャンバス生地の場合には素材に応じた洗剤を用いて細部まで汚れを落します。
 
5
またカビが生えた靴やニオイが特に気になる靴には除菌作業をおこないます。
 
6
代替テキスト 代替テキスト
 
靴それぞれに合わせた方法で汚れを落としたら充分にすすぎを行います。
 
7
代替テキスト 代替テキスト
 
すすぎが終わったら柔軟加工を施します。
 
8
代替テキスト
 
柔軟加工が終わったら靴に付いている余分な水分を丁寧に拭き取ります。
 
9
代替テキスト 代替テキスト 代替テキスト 代替テキスト
 
最後に抗菌剤をスプレーします。シーズンの抗菌剤は大豆を主成分にしている優しい抗菌剤ですがその効果は検証済みです。詳しくはこちら。
 
10
代替テキスト 代替テキスト
 
シューキーパーを入れて成型したらシーズンオリジナルの乾燥機で乾かします。自然乾燥が革には良いように思えるかもしれませんが、私たちと同 じで、濡れたまま自然に乾かすと余分に水分が取られパサついてしまいます。人の髪も同じですね。濡れたままだと傷め易くなるのです。適度な温 度で少しでも早く乾かすこ とが革を傷めないのです。また自然乾燥の場合雨シミと同じような現象がおきやすくなります。
 
11
kotei11.jpg
 
起毛革は乾燥中に元の色を鮮やかにする色調回復剤をスプレーします。スプレーすることで色が鮮やかになりツヤもでます
 
12
代替テキスト kotei12-b.jpg
 
乾燥が終わったら、汚れが残っていないか、シミは薄くなったか等の確認をします。
 
13
代替テキスト 代替テキスト
 
確認が終わったら靴クリームで磨きます。
 
14
ビジネスシューズやパンプス、ブーツには最後にコバ塗りも行います。
 
before and after
代替テキスト 代替テキスト

 
カラーリング工程
 
1
クリーニングをして汚れを落します(余分なクリームやコーティングも落します)。
 
2
代替テキスト 代替テキスト 代替テキスト
 
塗料がついたらいけないところにマスキングをして付かないようにします。
 
3
代替テキスト
 
靴に合わせて塗料をブレンドします。
 
4
代替テキスト
 
スプレーで薄く塗料を吹きかけます。(キズや革がめくれているときはキズ補修をして、キズの部分を埋めるパテ処理をします。)
 
before and after
代替テキスト
 
カラーリング工程とは?

靴のクリーニングを洋服のクリーニングと同じと思われるかもしれません。洗って汚れ を落とすということでは同じですが、靴の場合革それ自体にキズが擦れがあることがかなりあります。

洋 服の場合ほつれや破れがあったもクリーニングしたら元に戻るとは思いませんが靴の場合洗ったら買ったころのように剥げていた色が元に戻ると思ってしまいが ちです。洋服は汚れが落ちるから見た目もキレイです。靴は汚れが落ちても色がはげているのはそのままだから見た目的にはキレイになったと思え ないのです。

ク リーニングは見た目も大事ですが、衛生的にすることが一番の目的です。でもやっぱり見た目も重要です。靴クリームによる補色でも充分な場合も沢山ございま す。でも色自体がはげていたらクリームを塗ってもすぐ取れてしまいます。だからシーズンはカラーリングにも重点をおきました。色を塗ることで 見た目もキレ イにしたかったのです。

シーズンではオリジナルの塗料をブレンドして使っています。革によって塗り方・塗料は様々です。だからより革に合う塗料をそれぞれに応じてブ レンドするのです。

塗料には顔料と染料があります。染料は素材そのものに染み込みます。言葉の通り染めるものです。顔料は簡単に言えば絵の具のようなもので、素 材自体には染み込みまず、素材の表面に残ります。

液体だから溶けているように見えますが実際は液体の中で粒子が攪拌されているだけで時間が経つと下に沈んでしまいます。染料は紙につけたら滲 みますが顔料は滲みません。

シーズンではどちらを使っているかそれは両方です。シーズンの塗料は染料と顔料をブレンドしているのです。それはそれぞれに長所・短所がある からです。

染料は自然な風合いがでますが、カバー力がありません。粒子がないので透き通っています。また染料には白色はありません。

顔 料はカバー力はありますが、自然な風合いには欠けます。だから両方を素材にあわせてブレンドしているのです。もちろん染料顔料だけではありません。革に定 着させる接着剤の役目やツヤをだす役目等色々なものがブレンドされています。ブレンドされた染料顔料をもとにして革に合わせて染料を追加した り、顔料を追 加したり微調整をおこないながら革に合わせた塗料を作るのです。塗料自体も水性と油性の両方を使い分けます。それにより幅広く対応できるのです。

抗菌剤について

シューズ・スタジオで使用している抗菌剤の特徴は
1.高い安全性
2.強い抗菌力
3.強い消臭力
4.無色・透明で無臭

靴は直接人のからだに触れるものです。だからより安全なものが求められます。シューズ・スタジオで使用している抗菌剤 は大豆を中心とした穀物エキスが主成分です。従来の抗菌剤の主流は、主成分が、銀・銅・亜鉛などの重金属による銀系抗菌剤でしたがそれらを一切含まず、大 豆、※、麦などの穀物エキスを主成分に陽イオン系、非イオン系、両性イオン系の界面活性剤を組み合わせてた非常に安全性の高いものです。また白癬菌やカビ 菌に対して抗菌力を発揮してくれます。

抗菌力は一時的なものではなく、長い持続力も持っています。ニオイに関しても、臭気を感知する人間の 鼻粘膜を刺激するイオン性を持つ臭気ガス微粒子を、高分子イオン界面活性剤で科学的に吸着中和して、粘膜を刺激しない物質にする効果と、腐敗や発酵させて 不快臭を発生する細菌やカビ類を強い抗菌力により制御して臭気を防ぎます。基本的には即効性がありますが、対象物によっては、消臭効果が後になってあらわ れることもあります。また、繰り返し使用したほうがより効果が得られる場合があります。これは対象物からの臭気の発生度合いにより持続時間が異なるためで す。

抗菌剤自体が無色透明ですから靴にスプレーしてもスプレーあとが残りません。 抗菌剤のニオイも残らないので靴やバッグでも安心して使えます。

下記写真は2006年3月11日に試験を行った結果です。
koukinzai.jpg

上記はスニーカーの中敷を四つにカットして
1洗浄のみ
2洗浄+抗菌
3抗菌のみ
4無処理
それぞれの工程をおこなった結果です。

2番と3番には菌を寄せ付けない阻止円がはっきりあらわれているのがわかります。1番は洗浄のみなので汚れは取れてい てきれいですが、抗菌処理がされていないので阻止円ができていません。3番は汚れ自体は洗浄してないのでとれてませんが、抗菌効果はあらわれているのがわ かります。2番は汚れもとれてきれいになってなおかつ抗菌効果もでています。
 

カビについて

<カビ発生の条件の順位>

対象物自体にあるカビ発生に必要な栄養(炭素・窒素)と栄養の濃度
対象物の表面湿度
対象物の置かれている環境の温度と空中湿度
発生カビの種類と強さ(ex. 単細胞か、多細胞か)
防カビ剤の種類、強さと量

カビは、この5つの条件の微妙なバランスでその発生状態は大きく変わります。

1.対象物自体にあるカビ発生に必要な栄養(炭素・窒素)と栄養の濃度

対象物である靴のカビの発生を促す栄養分となるものの濃度によってカビの発生状態は異なり ます。濃度が濃ければカビの発生は促進されます。靴は非常にカビの発生しやすい対象物ですが、これは革自体がカビの栄養源だからです。ただ、同じ環境に置 かれた全ての靴が同じようにカビが発生するということではありません。
 

2.対象物の表面湿度

対象物である靴の表面もしくは靴の中の湿度が高いとカビの発生は促進されます。お風呂など の湿気の多い場所で対象物の表面に水滴などが付着している対象物や水を含んだ状態の対象物は、対象物自体がカビの栄養分ではない場合でもカビが発生しま す。これは、水分(湿気)が炭素を生むからです。後述3.の「空中湿度」の高さより、特にこの表面湿度の方がカビの発生にダイレクトに影響します。
 

3.対象物の置かれている環境の温度と空中湿度

対象物である靴の置かれている靴箱の環境はというと、「湿気が多く、空気の流れが少ない」 場所です。環境の温度と空中湿度の影響は、ご存知のとおり「湿気の多い場所はカビが生えやすい」「梅雨の季節はカビが生えやすい」といわれる所以です。つ まり靴箱はカビの生えやすい場所なのです。水分(湿気)とカビの発生の関係は前述2.でご説明させて頂きましたとおりです。2.3.に挙げられる湿気の影 響の大きさを考えますと、カビを防ぐ効果的な方法は、湿度の低い状態・乾燥した状態を保つことがポイントになります。
 

4.発生カビの種類と強さ(ex. 単細胞か、多細胞か)

対象物もその置かれている環境もカビが発生しにくいと思われるのに、それでもカビが生える ことはあります。カビといってもその種類は一つではありません。中には、かなり強いカビもあります。カビの種類と強さによっては、カビの発生を促す好条件 のいくつかが整わなくても必ずしも発生しないとは言い切れません。
 

5.防カビ剤の種類、強さと量

カビの発生を防ぐ目的で使用される防カビ剤の落とし穴は、多くの防カビ剤そのものが 液体であることです。前述2.の表面湿度を思い出して下さい。液状の防カビ剤を対象物に噴霧するということは、その表面湿度を極端に上げる結果となりま す。従いまして、ここで要求される防カビ剤使用の条件として、防カビ剤の効果が表面湿度の上昇によるカビの発生促進力を上回るかどうかという点です。その ためにも、高い効果を持つ防カビ剤を適量(必要量)噴霧することが大切です。「防カビ剤を使っているのに、カビが生えた!」ということが起こるのは、この ように表面湿度によるカビ発生促進力と防カビ剤のカビ抑制力のバランスが崩れた結果です。

このように、カビの発生に関しては、様々な条件の バランスにより状態が異なりますので、現在、どのような条件下でも絶対に100%カビの発生を防ぐ「防カビ剤」は、残念ながら存在しないと言われていま す。そのため、カビの発生を抑制するための適切で効果的な「防カビ剤」の使用を模索する必要があります。
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 092-511-5500

受付時間:平日
10:30〜18:30